有機ELパネルは、液晶パネルと比較して角度依存性が低い点が特徴であるため、角度依存性に関する精緻な測定データは、その開発や品質管理に重要なものとなります。しかし、正確かつ再現性が高い輝度測定を行うことは非常に困難な場合もあります。このように、正確な測定が必要な作業は、専用の冶具を使用することで効率化・精度向上を図ることができます。

輝度測定は時間がかかって大変!

現在、TV用パネルを始めとして、スマホにも有機ELパネルが使用されており、その柔軟性のある特性から車載用など新たな需要も高まってきています。この有機ELパネルのマーケット活発化を受けて、パネル自体だけでなく、材料、フィルムなど関連企業の開発強化が図られ、その競争は激化しつつあります。

有機ELパネル

有機ELパネルは、液晶パネルと比較して角度依存性が低い点が特徴であるため、角度依存性に関する精緻な測定データは、その開発や品質管理に重要なものとなります。

しかし、正確かつ再現性が高い測定を行うことは非常に困難な場合もあります。例えば有機ELパネルの角度依存性を面輝度計で測定する場合、正確な測定をするために位置合わせに30分以上かかるケースもあります。さらにデータの再現性をとるために、職人的な位置合わせ技術が必要となる場合もあり、輝度測定は非常に時間がかかる面倒な作業となっている場合があります。

面倒な輝度測定は、専用冶具を用いて正確かつ効率に!

このように、正確な測定が必要な作業を、専用の冶具を使用することで効率化を図ることができます。

繰り返し行われる測定に専用の冶具を使用することで得られるメリットは、時間短縮と精度向上です。

先ほどの有機ELパネルの例では専用の光学評価用の治具を使用することで、位置合わせの作業が容易となり、正確かつ再現性の高い角度依存性の測定データを取得をした上で、作業時間を1/2削減することができました。

オリジナル冶具の製造にも対応しております!

治具製造

計測器単体での測定であっても、頻度高く行うと効率化・省略化など、改善点や課題が見つかるものですが、その解決策を見出だすのに手間と時間がかかるものです。

当社ではこのように、測定器の販売に加え、使用目的に合わせた治具の開発・製造による効率化のご提案が可能です。日々の作業に課題を感じ悩んでいらっしゃる方は、まずは当サイトまでお問い合わせください。

 

>>製品詳細はこちら!

>>カタログダウンロードはこちら!

相談してみる
「こんな測定・計測したい・・・。こんな制御をしたい・・・。でも、どんな製品・機器を使ったらできるの???」
そんなR&Dやものづくりに関するあらゆるお悩みは、私たちにお任せ下さい。
業界に関する知見や様々な専門知識を持ったプロが解決いたします。