工場や作業場で台車をお使いの方、こんなお悩みはありませんか?

・積層タイプの粘着マットを使っているけど、使い捨てだから繰り返し使えなくて、ランニングコストが高すぎる…
・めくるタイプの粘着マットは、粘着力が落ちるのが早い…。もっと長期間使える粘着シートがほしい!
・台車が通るときに、車輪にフィルムが引っかかってしまって、無駄にめくれてしまって困る!

 

めくるタイプの粘着マットは、比較的短期間で粘着力がなくなってしまい、さらに繰り返し使用することもできないため、意外と費用がかさんでしまう消耗品です。でもクリーンルームの前には靴底の汚れを落とす必要があるので、清潔な環境が必要な現場には必需品ですよね。

そんな、粘着マットでお困りの方にオススメなのが、めくらずに使える粘着マット、「ステップマット」です!

 

>>カタログダウンロードはこちら!

 

 

マット素材が実現する自己粘着性と抗菌作用による効果

このめくらずに繰り返し使用することができる粘着マットの特徴は、3つです。

 

1)ウレタンによる自己粘着性

ステップマットの主な素材であるウレタンには、自己粘着性という特性があります。この自己粘着性によって、表面を軽く水拭きするだけでゴミを除去でき、粘着力が回復するため繰り返し使用が可能です。又、糊(粘着剤)を不使用の為、靴裏やタイヤに糊が付着する事が無く、作業現場を糊などで汚しません。

 

2)抗菌剤配合で細菌の繁殖を防ぎます。

このステップマットには、抗菌剤が配合されています。そのため、大腸菌や黄色ブドウ球菌、サルモネラ菌などの細菌の繁殖を防ぐことができます。ATP拭き取り検査にて、靴底の汚れをめくるタイプの粘着マットは除去率60%程度なのに対しなんと90%以上除去できるんです!

 

3)めくらないタイプだから長く使える!

めくらないタイプだからこそ可能にするのが、繰り返しの使用です!表面を水拭きするだけで、通常の使用環境であれば2,3年はラクラク使い続けることができます。

さらに、めくるタイプだと地味に困っていたのが、軽台車の使用時だと思います。台車が粘着マットを通過するたびに、端の方が車輪に引っかかって少しずつフィルムがめくれてしまい、イライラすることも多かったのではないでしょうか?

しかし、このステップマットではめくらないタイプの粘着マットのため、台車の車輪にフィルムが引っかかるなんて心配はまったくありません!
※アルミスロープとの併用をお勧めいたします。

 

濡れた雑巾やモップで水拭きするだけ!粘着力がすぐに回復して、繰り返し長く使えるのでランニングコストは0円!フィルムごみを出さず、しかもめくる手間もなくなり、付着したゴミが舞い上がる心配もナシ!

                               

クリーンルームやエアシャワーの出入り口で大活躍するこのステップマット、一度お試しあれ!

 

>>カタログダウンロードはこちら!

お問い合わせ・お見積りはこちら
「こんな測定・計測したい・・・。こんな制御をしたい・・・。でも、どんな製品・機器を使ったらできるの???」
そんなR&Dやものづくりに関するあらゆるお悩みは、私たちにお任せ下さい。
業界に関する知見や様々な専門知識を持ったプロが解決いたします。