こんなことでお困りではありませんか?

  • 古い産業機器・装置組込の制御PC・モニターが故障した・・・。
  • その結果、装置が使えなくなってしまった・・・。
  • 修理しようにも、予備部品がない、生産中止になっている・・・。
  • 装置を新たに購入するための高額費用は今使えない・・・。

 

メーカーに相談しても、保証・保守契約が切れていて対応を断られてしまった。

あるいは生産中止で対応ができない、もっというとメーカーそのものが廃業していたりして、修理そのものができない・・・。

こういうことが起きると、とても困ってしまいます。

ご安心ください!

 

ものづくりサイエンスNAVIを運営する入江にご相談いただければ、古い装置のモニターやブラウン管の交換・修理をさせていただくことが可能です!

 

例えば、装置組込のCRTモニター(ブラウン管)の画面が故障したり、焼き付いたりした場合、組込品のためモニターのみの交換ができない場合があります。

そのような場合、ブラウン管部分を筐体から取り外し、LCDモニター(液晶)を元の筐体へ埋め込むことで装置を再生することが可能です。

 

ブラウン管 モニター         LCDモニター

<Before>                     <After>

これにより装置を更新しなくて済み、かつ、LCDにすることで視認性も良くなりましたとの声も頂いております!

 

 

半導体

 

また、SDG’sの観点からも、故障した装置をすぐに廃棄してしまうのではなく、少しでも修理して延命できるものは、修理して再生するとう考え方が地球環境保護や持続可能な社会を目指す上で重要なのではないでしょうか。

 

今回ご紹介したモニターの修理に限らず故障した電子機器があれば、まずはお預かりして故障箇所を判断し、部品交換等、最適なご提案でお悩みを解決いたします!