実は幅広い用途があるテクスチャアナライザ

テクスチャアナライザは、食感の評価のために使用されることが多い製品ですが、実は食感以外にも様々な目的に使用することができるのは意外と知られていません。材料や製品の評価は、あらゆる製造メーカーにとっては必須事項ですが、そのようなメーカーでもテクスチャアナライザは有用なんです。ここでは、テクスチャアナライザが使用される事例をご紹介します。

 

>>製品詳細はこちら!

テクスチャアナライザの実例①:医薬品

食品以外のテクスチャアナライザの用途として、まず、医薬品向けがあげられます。

錠剤型の医薬品も、実際に人が口にするものです。そのため、テクスチャアナライザによる硬さ測定等は非常に重要です。

テクスチャアナライザの実例②:化粧品

次に、化粧品向けにもテクスチャアナライザは広範囲に使用されます。

クリームやファンデーションの伸び、リップスティックの強度やべたつきもテクスチャアナライザによって測定することができます。 そういった具体的な製品評価のために独自に設計された特殊治具も多く存在します。

テクスチャアナライザの実例③:工業製品

更に、フィルム等の工業製品向けにもテクスチャアナライザは活用されます。

テクスチャアナライザの実例④:包装材料

食品業界においてテクスチャアナライザは食感の測定として頻繁に使用されるだけでなく、その食品を包装する包装材にも使用することができます。

このように、強すぎても弱すぎてもクレームやトラブルとなる容器のフタの剥がれやすさもテクスチャアナライザによって測定・品質管理することができます。

テクスチャアナライザの隠れたメリット

テクスチャアナライザは食感などの測定評価のために使用することが主な用途ではありますが、そのほかにも大きなメリットがあります。それは、材料の良品を見極めることによる歩留まり向上です。

材料を混合して製品を製造する際は、どうしても製品によっては原材料の微妙な物性の違いにより最終製品でバラつきが生じてしまいます。そのため、製品の歩留まりが悪くなってしまうことが、多くのメーカーでは問題視されています。

そこで、原材料の段階でテクスチャアナライザによる物性チェック等を行うことで、材料の良品を見極めることができます。その結果として、製品の歩留まりを向上させることができます。 最終製品で不良品になると廃棄損が大きくなりますが、原材料段階で悪い材料をはじくことにより傷口が小さな内に対処ができるという訳です。

 

当サイトでは、このほかにもテクスチャアナライザに関する事例やポイントを別途まとめております。詳細は、商品紹介ページをご覧ください。

 

 

>>製品詳細はこちら!

>>カタログダウンロードはこちら!

お問い合わせ・お見積りはこちら
「こんな測定・計測したい・・・。こんな制御をしたい・・・。でも、どんな製品・機器を使ったらできるの???」
そんなR&Dやものづくりに関するあらゆるお悩みは、私たちにお任せ下さい。
業界に関する知見や様々な専門知識を持ったプロが解決いたします。