ピトー管を使った風量のモニタリング

ピトー管

ピトー管 詳細はこちら
カタログダウンロード(無料)はこちら

風量のモニタリングは、危険な状況において安全を確保するために不可欠な要素です。

本記事では、特に可燃性の気体を扱う設備におけるピトー管を用いた風量モニタリングの事例を紹介いたします。

ご存じですか?ピトー管とは・・・

ピトー管とは、気体や液体などの流体の総圧を計測する装置で、流体の速度や風量を求めることができます。

特長としては、シンプル設計で設置が容易である点、耐久性や再現性が高く古くから流速流量計測に用いられているという点が挙げられます。

可燃性の気体を製造する設備における事例

ピトー管による風量のモニタリング事例

あるお客様は新たに、閉鎖された空間で可燃性の気体を製造する設備を検討していました。

閉鎖された空間の中で行うので、万が一可燃性の気体が漏れ出た場合は爆発の危険がありました。

事故防止のためのモニタリング体制を確立
危険予知のため常時モニタリング
  • 気体が滞留しないように外部の空気を常にファンで吸気する構造へ
  • ファンが正常に稼働しているかを常にモニタリング、異常があれば即座にアラームを発報するように設定

風量を常時モニタリング
  • ファンに異常が出ると出力が低下すると考え、正常運転時の定格を100%とし、ファンが一定の動力以下の出力となった場合に異常信号を送るように設定
  • 数あるピトー管の中から最適なものを選定!多孔式ピトー管をファンの手前に設置し風量を測定、一定の基準値の風量を下回った場合は制御盤で受信し発報する仕様

気体の流速や流量測定といえばピトー管

数あるピトー管からお客様の状況に合わせて最適なものを選定いたします。気体の流速や流量の計測でお困りでしたら、ぜひ一度ご相談ください。

ピトー管の原理や使い方に関する解説動画も公開しております。

お問い合わせ・お見積りはこちら
関連した製品事例
「こんな測定・計測したい・・・。こんな制御をしたい・・・。でも、どんな製品・機器を使ったらできるの???」
そんなR&Dやものづくりに関するあらゆるお悩みは、私たちにお任せ下さい。
業界に関する知見や様々な専門知識を持ったプロが解決いたします。