高温高圧タンクの中の液面測定、どうやっていますか?

例えばタンク内の温度が200℃を超え、かつタンク内の圧力が3~10MPaにも及ぶ高温高圧タンクの中の液体の液面計測。皆様はどうされていますか?

液面が高くなりすぎるとタンクが圧力オーバーで破損する恐れ、また液面が低くなりすぎると液切れによるキャビ引きなどが起こり、プラント全体に損害を与える恐れがあります。

かといって、そんな過酷な環境の中でセンサーを設置するわけにもいかず、従来はロードセル等で重量管理を行い、重量から手計算で液面の高さを割り出す、といったことも苦肉の策として実施されてきたりしました。

ただ、この方法はリアルタイム計測が難しい上、慣れていないと液面計算が難しく、正確性に欠ける方法だといえます。

では、どうればよいのか?

そんな悩みを解決できる、静電容量式 レベル計があります!!


可動部のない液面計だから高温高圧でも大丈夫!

この静電容量式 レベル計は、粉粒体から液体(絶縁性高粘度液体から導電性液体)まで、幅広いレベル測定が可能です。

静電容量式 レベル計 レベル計 設置図

そして、この静電容量式 レベル計の特徴は次の通りです。

  1. )検出部の設計自由度が高い
  2. )駆動部がなく長寿命
  3. )測定物の性質に応じた電極材質と形状の選定が可能
  4. )高温・高圧から真空条件下での測定が可能
  5. )広い測定レンジ(100mm~10mまで)
  6. )機器組込用小型センサーあり
  7. )ヘッドオン型あり
  8. )耐静電気型あり
  9. )耐雷型あり


もちろん防爆仕様にも対応します。「耐圧防爆型」「本質安全防爆型」など、各種防爆仕様の認定品です。

その他、屋外防滴用、耐酸用、温水用、サニタリー用、あるいは非接触式などでも対応が可能、各種用途や使用環境に応じて特殊品の対応も可能です。

>>製品詳細はこちら!

お問い合わせ・お見積りはこちら
関連した製品事例
「こんな測定・計測したい・・・。こんな制御をしたい・・・。でも、どんな製品・機器を使ったらできるの???」
そんなR&Dやものづくりに関するあらゆるお悩みは、私たちにお任せ下さい。
業界に関する知見や様々な専門知識を持ったプロが解決いたします。