石英ガラス製品をお使いいただいているお客様へより長く、快適に、そして安全にご使用いただくための留意事項をご案内します。

素手でさわらない

石英ガラスに直接素手でさわることはやめてください。



素手でさわると指紋などの汚れが付きます。汚れは失透の原因となります。表面に不純物が付着した状態のまま高温で使用すると失透を促進させ寿命が短くなります。また、破損しやすくなり身体に危害を与える恐れもあります。

汚れが付着してしまったときは洗浄して汚れを落としてください。一般的に5~10%程度のフッ酸に10分程度浸漬し、その後純水または蒸留水でフッ酸の付着がなくなるまで洗い、良く乾燥させてください。付着物が取りづらいときは少し濃い目のフッ酸に浸漬させてみてください。

製品を保管しておく際はビニール袋などに入れ汚れや埃が付着しないようにしてください。できればクリーンな環境で安定な状態で保管ください。

sekiei_20220602

高温や急冷熱でご使用の場合

石英ガラスは耐熱性に優れており、高温で使用されているお客様も多いかと思います。
高温(1,100℃以上)で長時間使用すると特に炉心管などでは

自重やその他の加重で次第に変形してくることがあります。


その際は支持方法や使用状態に変化つけるなど工夫していただくと寿命を延ばすことができます。
また急熱、急冷でご使用されているお客様は、石英ガラスは膨張係数が小さいので他のガラスに比べ急熱、急冷に耐えられますが熱伝導率も低いため、局部的に急熱したりして極端な温度変化があった場合にはクラックが入ることもありますのでご注意ください。

安全にお使いいただくために

sekiei_20220602_4

石英ガラスも圧力や衝撃を加えれば破損します。作業時には十分注意して取扱いをしてください。
万が一破損した場合は破断部分で切傷を負うことが無いように注意ください。
使用中にクラックや欠けなどが発見されたときは使用をやめて新品と交換してください。
作業にあたっては手袋、保護メガネ、安全靴などの保護具をお使いください。
使用済の製品は産業廃棄物として正規の産業廃棄物処理業者に処理を依頼してください。

石英ガラス製品についての取扱いやお問い合わせは、弊社までお気軽にお問合せください!

.

石英ガラスについてコチラもおすすめ! ⇒ 石英加工.com


石英ガラス製品はこちら ⇒ 石英ガラス製品一覧

相談してみる
関連した製品事例
「こんな測定・計測したい・・・。こんな制御をしたい・・・。でも、どんな製品・機器を使ったらできるの???」
そんなR&Dやものづくりに関するあらゆるお悩みは、私たちにお任せ下さい。
業界に関する知見や様々な専門知識を持ったプロが解決いたします。