半導体のレガシーファブでは自動化が遅れている!

パソコンやスマートフォンに加え、IOTデバイスの普及により、半導体市場は成長を続けており、特に車載やスマートフォンなので、日本国内の8/6インチウェハのレガシーファブで製造される、センサデバイスやパワー、アナログデバイスの市場も急激に拡大しています。

ここで、車載は人命にかかわるデバイスであるため、人手による製造ミスが許されません。また、スマートフォンなどのコンシューマ製品向けのデバイスでは、製造不良によるコスト増大は絶対に許されません。従って、車載やスマートフォン市場では、デバイス品質を安定させるために、デバイス製造ラインの自動化や製造データ収集による製品トレーサビリティを実現させる必要があります。
しかしながら、レガシーファブでは自動化やデータ収集が実装されていないのが実情であるため、レガシーファブでは、自動化やデータ収集機能を既存ラインに実装することが課題となっています。

セミコンダクター生産

半導体製造ラインの自動化が遅れたことによる影響

半導体製造ラインの自動化が遅れたことによる影響ははかり知れません。
まず、自動化できていないために、人が手動で行うマニュアル作業となります。そのため、どうしてもレシピの間違い等のヒューマンエラーが発生してしまいます。それによるスクラップが発生し、生産に影響を及ぼすことは避けられません。

 

半導体

そのため、多くの企業は半導体製造ラインの自動化に取り組んできました。しかし問題になるのは、製造自動化システムの構築です。これには、MESと呼ばれる製造システムの」開発に加え、多種多様な製造装置をMESに接続する必要があります。

 

 

半導体製造ラインの自動化はお任せください!

当社では、半導体レガシーファブの自動化対応による生産性向上を提案した実績が多数ございます。また当社では、お客様のご要望に従って最適かつ迅速な提案対応をしており、お客様からも好評をいただいています。

さらに当社は、半導体製造ライン構築だけにとどまらず、あらゆる旧式装置の改善(レトロフィット)にも対応いたします。

半導体前工程におけるライン自動化を図りたい方は、まずはお気軽に当社までご相談ください!

お問い合わせ・お見積りはこちら
「こんな測定・計測したい・・・。こんな制御をしたい・・・。でも、どんな製品・機器を使ったらできるの???」
そんなR&Dやものづくりに関するあらゆるお悩みは、私たちにお任せ下さい。
業界に関する知見や様々な専門知識を持ったプロが解決いたします。