同じメーカーの製品なのに測定値が違う!?紫外線測定あるある

紫外線強度計は製造現場や研究施設などで使用され、紫外線の強度を測定するための機器です。

測定あるあるとしてお客様から以下のようなお悩みが多く寄せられます。

お客様6

同じメーカーの後継の紫外線強度計を購入して使用しているにもかかわらず、測定値の値が異なってしまう。いったいどうすれば・・・?

紫外線強度計の測定値は紫外線量の絶対量を示すものではありません

そのため、メーカーの校正光源と異なる分光分布を持つ光源を測定した場合は個々の機器の分光応答度の違いにより測定値に差異が生じることがあります。

しかし、補正係数 を設定することによって上記のような問題を解決することができます!

補正係数の設定手順

紫外線強度計の補正係数設定

補正係数とは紫外線強度計の個体差を考慮した補正値であり、測定値を修正するために用いられます。

補正係数を設定する代表的な方法は、以下の手順です。

  1. 標準環境での測定
    紫外線強度計を標準環境下で使用し、正確な紫外線強度値を得ます。
  2. 複数の紫外線強度計での測定
    標準環境下で、複数の紫外線強度計を使用して測定を行います。これにより、各紫外線強度計の個体差を認識します。
  3. 測定結果の比較
    各紫外線強度計の測定結果を比較し、個体差を評価します。測定値のばらつきが大きい場合、補正の必要性が生じます。
  4. 補正係数の計算
    個体差を評価した後、補正係数を計算します。補正係数は、測定値のばらつきを考慮して使用されます。
  5. 測定結果の補正
    計算された補正係数を各紫外線強度計に適用し、測定結果を補正します。これにより、各紫外線強度計の測定結果を統一かつ正確にすることができます。

補正係数を設定する重要性

製造業において正確なデータの取得は限りなく重要です。

紫外線強度計の測定値にばらつきは、製品の品質管理や労働環境の安全性に影響を与える可能性があります。

補正係数を設定することで、紫外線強度計の個体差を補正し、正確な測定結果を得ることができます。

また補正係数の設定手順を正しく行うことで、製造業界における紫外線測定限界性を向上させることができます!

お問い合わせ・お見積りはこちら
関連した製品事例
「こんな測定・計測したい・・・。こんな制御をしたい・・・。でも、どんな製品・機器を使ったらできるの???」
そんなR&Dやものづくりに関するあらゆるお悩みは、私たちにお任せ下さい。
業界に関する知見や様々な専門知識を持ったプロが解決いたします。