LED-UV印刷用のUV LEDランプの測定には、手持ちのUVチェッカーで測定可能だろうか?
適したUVチェッカーとはどのような製品だろうか?
そんなお悩みがございましたら、ものづくりサイエンスナビを運営する入江にご相談ください!

工業用UVチェッカーの用途

そもそも、工業用UVチェッカーってどんな用途に使われるの?というところから見ていきます。
電気・電子部品用のシーリングや接着処理、プリント基板の印刷・乾燥・実装ライン等で使用されるUV照射装置の紫外線強度と積算光量の管理に使用されています。

なお、紫外線強度は、照射装置性能のランプ照射出力とランプハウス形状でほぼ決まり、紫外線強度と照射時間を積算したものが積算光量となります。照射時間は、ランプ本数やコンベア速度等により変化します。

工業用UVチェッカー UVR-T2

UV LEDランプを用いた印刷が注目されている理由

近年では以下の点から、UV LEDランプが注目されています。
① 消費電力削減
②発熱を抑える
③長寿命
④低環境負荷(水銀不使用)

そして、従来、メタルハライドランプをUV光源の主流としていたUV照射装置にも、UV LEDランプを用いたものが出てきています。
今回は、UV LEDランプを用いたLED-UV印刷に焦点を当て、以下見ていきます。

 

LED-UV印刷に適した波長とは?

UVインキやUV樹脂の硬化に有効な波長域は320~400nm(365nm、385nm、395nm)です。
一般的には365nmが多いため、365nmに感度(分光応答度)をあわせたUVチェッカーが多く存在します。
しかしながら、365nmにあわせたものでは、LED-UV印刷や、インクジェット用のUV管理には不向きです。

なぜなら、LED-UV印刷や、インクジェット用のUVインキは、385nm、395nmの光で硬化するものが多く用いられているからです。
したがいまして、385nm、395nmに感度があるUVチェッカーが必要となります。

そこで、当社が販売している工業用UVチェッカーUVR-T2に、新たに385nm、395nmの波長域に感度がある受光部UD-T3040T2をご用意しました。

 

相対分光応答度特性

 

相対分光応答度特性 グラフ

※UD-T36T2受光部は、メタルハライドランプ用として365nmの感度にあわせてあります。
※UD-T3040T2受光部は、385nm、395nmの波長域に対応しています。

 

ただし、UV照射装置によっては、光量が高くオーバーレンジになり測定できない場合もございますこと、ご留意願います。

 

本製品はデモ機もございますので、ぜひデモ機でお試しになってご検討ください!

>>製品詳細はこちら!

相談してみる
関連した製品事例
「こんな測定・計測したい・・・。こんな制御をしたい・・・。でも、どんな製品・機器を使ったらできるの???」
そんなR&Dやものづくりに関するあらゆるお悩みは、私たちにお任せ下さい。
業界に関する知見や様々な専門知識を持ったプロが解決いたします。