酸化劣化の進行確認には時間がかかる

不具合やクレームの原因究明を行わなければならない場合、その原因が酸化によるものだと考えたことはありますか?酸化はもっとも身近な化学反応ではありますが、その把握はある程度酸化が進まないとできませんでした。

また、不具合やクレーム品の原因究明だけではなく、新製品の開発においても酸化安定性の確認時間はなるべく短くしたいものですよね。

特別な加速試験をすることなく、酸化や化学反応を早く把握できたら、もっとクレームを早く処理できたり、開発期間を短くできるのに!と歯がゆい思いをしていませんか?

酸化 劣化

 

ケミルミネッセンスアナライザーがお役に立ちます!

不具合・クレーム品の原因究明、耐用年数の把握、長寿命化の研究、安定性の評価などにケミルミネッセンスアナライザーを使ってみてはいかがでしょうか?

ケミルミネッセンスアナライザーは、過酸化物の分解過程で生じる人の目には見えない非常に微弱な発光フォトン(光子:ケミカルルミネッセンス)を捉えることができる装置で、ごく初期の酸化劣化度を測定でき、他の測定手段よりも早い段階で劣化状態を検出することができます。

短期間の経時状態でも酸化劣化の兆候は無いか判断することができ、寿命推定にも有効です。

 

ケミルミネッセンス

 

 

分野

 

  • 高分子(樹脂・塗料・フィルム・ゴムなど):酸化安定性評価、添加剤の効果測定、原料の受入検査

 

  • 食品(油・ビール・米・茶・化粧品など):製造工程の酸化劣化管理、製品の品質管理

 

  • 生科学(血液・細胞・薬など):血中過酸化物測定、生体ストレス検出、薬剤の効果測定

 

詳しくはお問合せください!

お問い合わせ・お見積りはこちら
関連した製品事例
「こんな測定・計測したい・・・。こんな制御をしたい・・・。でも、どんな製品・機器を使ったらできるの???」
そんなR&Dやものづくりに関するあらゆるお悩みは、私たちにお任せ下さい。
業界に関する知見や様々な専門知識を持ったプロが解決いたします。