人が感じたもの、そのままを客観的に数値化したい

人の五感(味覚、嗅覚、視覚、聴覚、触覚)を用いた研究や開発、品質管理を行っている企業やご担当は多いかと思います。

人でないと判断できない微妙な世界があるのも事実ですが、下記のようなデメリットを感じている方も多いのではないでしょうか。

 

・感覚を伴う作業はベテラン人材に頼っており、若手が育っていないし育てるのに時間が掛かる

・個人の体調に左右され、日によって結果にバラツキがある。また個人差も出やすいと思っている

・あいまいなデータとなっており客観性に乏しく、お客様にも説明しにくいと感じている

・装置や機器でデータを収集するだけではなく、収集したデータの分析や予測をAIで行ってみたい

 

感覚を数値化する装置

 

当社ではお客様のそうした声をお聞きすることが多く、感覚を数値化したり、またその周辺で用いる装置をご紹介しております。

 

味覚

 

味認識装置

 

苦味・旨味・塩味・酸味・渋味・甘味のセンサーを用い、さらに先味と後味も含めて客観的に数値化する装置です。

たとえば塩味を縦軸、旨味を横軸などに設定することで、複数の食品のマッピングを作成することも可能で食品開発をする方のお役に立っております。

 

味のデジタル化! 主観的だった“味”を認識し、数値化できる味認識装置のススメ

 

 

カロリーアンサー(カロリー自動計測装置)

 

食品表示法改正によりカロリー表示が必要となりましたが、食品を直接測定しカロリーと各種栄養成分を自動で計測する装置です。

公定法は費用や時間が掛かる、栄養データを元に積算を行うのも手間がかかる・・・そんなお悩みの解消につながります。

 

食品表示法改正による栄養成分表示にお困りではないでしょうか? ご存じですか、社内でカンタンに食品のカロリーが測定できること!

 

触覚・食感

 

テクスチャーアナライザー

 

食品のやわらかさや医薬品の硬さ、化粧品ののびやすさやべたつきなど、様々な物性の測定試験が可能な装置です。

測定物に合わせた治具が豊富で幅広い分野の研究開発、品質管理分野でお使いいただいています。

 

食品の食感や化粧品・日用品の物性を数値化できる! 幅広い用途に使用が可能、CTXはブルックフィールド社の テクスチャーアナライザー(万能物性試験機)の最上位機種です!

テクスチャーアナライザー(万能物性試験機)は優れもの。 食感以外に測定できる事例を一挙ご紹介!

 

 

摩擦摩耗試験機(トライボギア)

 

肌触りや感触、なじみ感を数値化します。たとえば化粧水やパウダーの伸びやすさ、ペンの書きやすさ、紙の肌触りが数値化できます。

 

トライボギア |ポータブル触感計 TYPE33

 

視覚

 

二次元色彩計

 

人間が見える色を全て忠実に、面で測定するカメラタイプの色彩計です。色にとどまらず、質感(クリームの溶けた感じやメタリック感等)や印刷物、繊維、パッケージ等の絵柄を比較することも可能です。

 

見た目や質感が瞬時に数値化できることをご存知ですか? 微妙な色の違いや質感の違いを数値化してくれる装置があるんです!

 

聴覚

 

音源可視化装置

 

カメラと32個のマイクを用いて音源と音圧(音量)を計測することが可能です。どの場所からどんな音がどのぐらいの大きさで発生しているかを視覚的に確認できます。

 

音を可視化する

 

生産の現場でも

同じような感覚を用いたお悩みは研究開発の場だけではなく、生産ラインでも起きているのではないかと思います。

カメラを応用した生産ライン向けの色を確認する装置や簡単に音源がどこにあるかを計測することができる機器など、お客様の課題に応じてご相談を承ります。

お問い合わせ・お見積りはこちら
「こんな測定・計測したい・・・。こんな制御をしたい・・・。でも、どんな製品・機器を使ったらできるの???」
そんなR&Dやものづくりに関するあらゆるお悩みは、私たちにお任せ下さい。
業界に関する知見や様々な専門知識を持ったプロが解決いたします。